2018年11月のお便り

冷たい秋風に、枯葉の舞う季節になりました。季節の変わり目ですが、皆様にはご健勝にお過ごしの事と存じます。移りゆく時の流れにあっても、神様の御言葉は、いつも変わらない真理です。そして、それは私達の心の慰め、生きる源、そして拠り所なのです。是非、あなたも秋の夜長、聖書を通して神様の慰めと真実に触れてみて下さい。

「人はみな草のごとく、その栄華はみな草の花に似ている。草は枯れ、花は散る。  しかし、主の言葉は、とこしえに残る」。これが、あなたがたに宣べ伝えられた御言葉である。              (ペテロの第一の手紙1章24節~25節)
カテゴリー: お便り   パーマリンク