2023年7月のお便り

    作詞歌フロイド・ホーキンスは、「私は、感謝するすべ、喜ぶすべを見出し、悲しみから解放されるすべを見出した…我が主イエスに出会ったときに。」と書きました。満たされた人生は、貯金や、家や、車などのような、目に見える物からは得られません。近年、私達は物の価値は瞬時に落下していく体験をしています。聖書には、本当の幸せについてこのように記しています。

「 すべての道で主を認めよ、そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。自分を見て賢いと思ってはならない、主を恐れて、悪を離れよ。そうすれば、あなたの身を健やかにし、あなたの骨に元気を与える。 」(箴言3章6節~8節)

『礼拝会は、』 (どなたでも、ご自由にお越しください。心からお待ちしております。)

                                                  <集会案内>   

『日曜日』 ☆【教会学校】朝 9 時15分~10時(幼稚科~中高生科) 

      ☆【一般礼拝】 朝 10時30分~12時

      ☆ ろう者の皆様には、手話の通訳が行われています。

 『祈祷会』水曜日)午後7時30分~8時30分

       <7月 の 一 般 礼 拝 会 の 御 案 内 >

◇ 7 月2日 (日) 礼拝会  説教題:「恵みの時に、あなたに答え」

                (イザヤ書章49章7節~12節)

◇ 7 月 9日 (日) 礼拝会  説教題:「主が私を助けて下さる」

                (イザヤ書50章1節~11節)

 ◇ 7 月16日(日) 礼拝会  説教題:「主が私を慰めて下さる」

                (イザヤ書51章1節~11節)

◇ 7 月 23日(日)礼拝会  説教題:「わたしこそあなたを慰めるもの」

                 (イザヤ書51章12節~23節)

◇ 7月30日(日)礼拝会  説教題:「救いの良い知らせ」

                 (イザヤ書52章1節~12節)

※ 集会や、礼拝説教の内容は、予告なく変更することがありますがご了承下さい。

カテゴリー: お便り | 2023年7月のお便り はコメントを受け付けていません

2023年6月のお便り

    6月18日の第三日曜日は、御父さんに感謝をする「父の日」です。アメリカ・ワシントン州スポケーンに住む、ソノラ・スマート・ドットと言う女性は、男手一つでソノラを含む6人の子どもを育ててくれた父親を敬愛していました。彼女は「母の日」があるのに「父の日」がないので、地元の教会の牧師に「父の日」も作って欲しいと願い出て、1910年、6月の第3日曜日に当たる6月16日に最初の「父の日」のお祝いが出来たのです。日本でも、最近「父の日」が定着してきました。聖書には、父親は神様の象徴であると教えています。皆さんで御自身のお父様に「御父さん、ありがとう」。と言いましょう。

「あなたの父母を敬え。そうすればあなたは、あなたの神、主が与えられる土地に長く生きることができる」。  【出エジプト記20:12】(新共同訳聖書)

『礼拝会は、』 (どなたでも、ご自由にお越しください。心からお待ちしております。)

<集会案内>   

      (現在コロナ禍の為に、短縮礼拝を行っています。

『日曜日』 ☆【教会学校】 朝 9 時15分~10時00分 

      ☆【一般礼拝】 朝 10時30分~12時00分

 『祈祷会』(第1・第3水曜日)午後7時30分~8時30分

<6月 の 一 般 礼 拝 会 の 御 案 内 >

◇6 月 4日 (日) 礼拝会  説教題:「あなたを練られる神様」

            (イザヤ書48章1節~11節)

◇ 6 月11日 (日) 礼拝会 説教題:「今は恵みの時、救いの時」

            (イザヤ書48章12節~22節)

 ◇ 6 月18日 (日) 礼拝会 (父の日)ご両親の祝福をお祈り致します。

             説教題:「神様に在る幸いな家族」

            (ルカ福音書12章49~53節)

◇ 6 月25日(日)礼拝会  説教題:「神である主が助けて下さる」

            (イザヤ書49章1節~6節)

※ 集会や、礼拝説教の内容は、予告なく変更することがありますがご了承下さい。

モントセラトで1976.4.5発行されたイースターの切手で、ペンテコステのタイトルが付いています。Orcagnaの作品です。

ペンテコステの切手です。Orcagnaの作品です。

 

カテゴリー: お便り | 2023年6月のお便り はコメントを受け付けていません

2023年5月のお便り

新緑の美しい季節になり、あっという間に5月を迎えました。皆様にはお変わり無く、ご健勝の事と存じます。

さて、5月14日は、「母の日」です。 旧約聖書の中に、「あなたの父と母を敬え」。(出エジプト記20章12節)と言う、み言葉があります。この「敬う」と言う言葉は、ヘブル語でカベドと言い、「栄光」と言う意味もあり、栄光の神様を敬う事と繋がっています。父親、母親を与えて下さった栄光の神様に感謝し、ともに畏れ敬う日でありましょう。

「 両親を尊敬しなさい。 そうすれば、主であるわたしが与える国で、しあわせな一生を送ることができる。」 【出エジプト記20章12節】【リビングバイブル】

聖書は、世界の過去、現在、未来、そして、あなたの人生の謎を紐解く、神様の救いの書物です。どうぞ、あなたもお読みください。

<集会案内>   

      (現在コロナ禍の為に、短縮礼拝を行っています。

『日曜日』 ☆【教会学校】 朝 9 時15分~10時00分 

      ☆【一般礼拝】 朝 10時30分~11時30分

【ろう者ミニ交流会】(第4)礼拝後 11時45分~12時30分

          ☆ ろう者の皆様には、手話の通訳が行われています。

『水曜日』【聖書研究・お祈り会】(第1・第4水曜日)午後7時30分~8時30分

<5月 の 一 般 礼 拝 会 の 御 案 内 >

◇5月 7日(日)  礼 拝 「バビロンに滅亡が臨む日」

           (イザヤ書47章1節~7節)

◇5月14日(日)<母の日> 礼 拝「命よりも大切なもの」

          (エステル記4章9節~17節)

◇5月21日(日)  礼 拝 「高ぶる者に報復される神」

          (イザヤ書47章8節~14節)

◇5月28日(日) <ペンテコステ>礼 拝 「旅装を整えて旅立つ」」

         (使徒行伝21章1節~15節)

※ 礼拝のメッセージのタイトルや聖書個所は、突然変更される時がありますが、ご承認、宜しく御願します。

カテゴリー: お便り | 2023年5月のお便り はコメントを受け付けていません

2023年4月のお便り

 春爛漫の季節が訪れて参りましたが、皆様にはご健勝の事と存じ上げます。さて、私共、大阪中央福音教会は、この4月30日(日)に教会創立百周年を迎えます。大正12年4月に粉浜伝道館として発足し、今日に至りました。思い返せば一世紀の長きに亘って、この地域に福音の種を蒔き続けられたのは、ひとえに神様の憐れみと、先輩諸師や、多くの聖徒達の祈りと奉仕の賜物と感謝しています。今後共、神様から委ねられたミッションの達成に励みたく思っております。何卒、御加祷宜しくお願い申し上げます。

「イエスは彼らに近づいてきて言われた、『わたしは、天においても地においても、いっさいの権威を授けられた。 それゆえに、あなたがたは行って、すべての国民を弟子として、父と子と聖霊との名によって、彼らにバプテスマを施し、あなたがたに命じておいたいっさいのことを守るように教えよ。見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである』。(マタイによる福音書28章~20節)

聖書は、世界の過去、現在、未来のそして、あなたの人生の謎を紐解く、神様の救いのドラマです。どうぞ、あなたもお聴きください。

<集会案内>   

      (現在コロナ禍の為に、短縮礼拝を行っています)

『日曜日』 ☆【教会学校】 朝 9 時15分~10時00分 

      ☆【一般礼拝】 朝 10時30分~11時30分

       ☆【ろう者ミニ交流会】(第4)礼拝後 11時45分~12時30分

          ☆ ろう者の皆様には、手話の通訳が行われています。

『水曜日』☆【祈祷会】(第1・第3水曜日)午後7時30分~8時30分

※聖書は、世界の過去、現在、未来を紐解く、神様の救いのドラマです。あなたの人生に希望を与える聖書のメッセージをお聴きください。

<4月 の 一 般 礼 拝 会 の 御 案 内 >

◇4月2日(日) 受難週 礼拝「神様の御苦しみと贖い」(マタイ27:45~56)

◇4月9日(日) 復活祭 礼拝「主イエス・キリストの復活」(マタイ28:1~10)

◇4月16日(日)  礼拝 「わたしを仰ぎ見て救われよ」(イザヤ45:14~25)

◇4月23日(日) 礼拝 「運んで下さる神様」(イザヤ46:1~:13)

◇4月30日(日)教会創立百周年礼拝「主がお入り用なのです」(マルコ11:1~11)

 

1983.5.30 ボプタツワナ共和国で発行されたイースターの切手です。

ろばと子ろばとを引いてきた。そしてその上に自分たちの上着をかけると、イエスはそれにお乗りになった。マタイ21:7

群衆のうち多くの者は自分たちの上着を道に敷き、また、ほかの者たちは木の枝を切ってきて道に敷いた。マタイ21:8

カテゴリー: お便り | 2023年4月のお便り はコメントを受け付けていません

2023年3月のお便り

   皆様には、お変わりなくお過ごしの事と存じます。寒さの真っただ中で、2月24日ウクライナ・ロシア戦争は、丸1年を迎えました。戦争と言う悲しい現実を前にして、心が痛まない日はありません。戦争が生み出すものは、混乱や不幸です。今更ながら、人間の罪の貪欲は、罪のない人々をむしばむことがよく分かりました。今更ながら聖書の御言葉の真実を実感させられるのではないでしょうか。

 「 罪の支払う報酬は死です。 しかし、神様が、ただで下さる贈り物は、私たちの主キリスト・イエスによる永遠のいのちです。」(ローマ5章4節~5節) 「【リビングバイフル】

 聖書の御言葉は、私達人類にほど遠いように思えますが、最短の距離にあるように思えます。私達の教会は、イエス様の御恵みを宣べ伝えて、地元、粉浜に根差して創立100周年を迎えます。 当教会では、コロナ感染対策を万全にして皆様の御来会をお待ち致しております。

<集会案内>   

『日曜日』 ☆【教会学校】 朝 9 時15分~10時00分 

      ☆【一般礼拝】 朝 10時30分~11時30分

    ☆【ろう者ミニ交流会】(第4)礼拝後 11時45分~12時30分

           ☆ ろう者の皆様には、手話の通訳が行われています。

『水曜日』☆【祈祷会】(第1・第3水曜日)午後7時30分~8時30分

※聖書は、世界の過去、現在、未来を紐解く、神様の救いのドラマです。あなたの人生に希望を与える聖書のメッセージをお聴きください。

<3月 の 一 般 礼 拝 会 の 御 案 内 >

◇3 月 5日(日)礼拝会 説教題:「 わたしのほかに神はない」                  

          (イザヤ書44章1節~8節)

◇3 月12日 (日) 礼拝会 説教題:「 偶像はむなしい」

          (イザヤ書44章9節~20節)  

◇3月19日(日)礼拝会  説教題:「成就する神様の計画」

           (イザヤ書44章21節~28節)

◇3月26日(日)礼拝会   説教題:「神様の御心のままに」

          (イザヤ書45章1節~13節)

※ 集会や、礼拝説教の内容は、変更することがありますのでご了解ください。

 

1990.9.4 イスラエルのベエルシバで開かれた全国切手展で発行されたシートです。ベエルシバは旧約聖書に多く出てくる地名です。切手にはアブラハムの井戸の表記があります。(創世記21:25-32)現代のベエルシバの近代的な風景がわかります。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 2023年3月のお便り はコメントを受け付けていません

2023年2月のお便り

    寒さの真っただ中、寒風にさらされながら、梅のつぶらな蕾が、芽を出し始めました。皆様にはお変わりなくお過ごしの事と存じます。暖かい春が待ち遠しい季節です。2023年も始まり、期待と希望に胸を膨らませたい処ですが、現実は順風満帆とはいかないようです。イスラエルの民も、闘いの中を神様の救いを待ちのぞんで行きました。聖書は、試練が私達を強くして下さると約束して下さいます。世界的な春の訪れをお祈りいたしましょう。

「忍耐は錬達を生み出し、錬達は希望を生み出すことを、知っているからである。そして、希望は失望に終ることはない。なぜなら、わたしたちに賜わっている聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからである。」(ローマ5章4節~5節)

私達の教会は、神様の御恵みに支えられ、地元、粉浜に根差して4月に創立100周年を迎えます。当教会では、コロナ感染対策を万全にして皆様の御来会をお待ち致しております。

<集会案内>   

『日曜日』 ☆【教会学校】 朝 9 時15分~10時00分 

      ☆【一般礼拝】 朝 10時30分~11時30分

    ☆【ろう者ミニ交流会】(第4)礼拝後 11時45分~12時30分

           ☆ ろう者の皆様には、手話の通訳が行われています。

『水曜日』☆【祈祷会】(第1・第3水曜日)午後7時30分~8時30分

※聖書は、世界の過去、現在、未来を紐解く、神様の救いのドラマです。あなたの人生に希望を与える聖書のメッセージをお聴きください。

<2月 の 一 般 礼 拝 会 の 御 案 内 >

◇2月 5日(日)礼拝会 説教題:「神様の僕なるイエス・キリスト様」                  

         (イザヤ書42章1節~9節)

◇2月12日 (日) 礼拝会 説教題: 「主に向かって新しい歌を歌え」

         (イザヤ書42章10節~25節)  

◇2月19日(日)礼拝会 説教題:「わたしはあなたの神、主である」

          (イザヤ書43章1節~13節)

◇2月26日(日)礼拝会   説教題: 「火の中、水の中にあっても」 

         (イザヤ書43章14節~28節)

 ※ 集会や、礼拝説教の内容は、変更することがありますのでご了解ください

 

1964.9.22 バチカン市国で発行された切手です。イタリア赤十字が設立されて100周年を記念して発行されました。切手にはルカによる福音書10:33と記載され、「良きサマリヤ人と旅人の姿」が描かれています。

 

カテゴリー: お便り | 2023年2月のお便り はコメントを受け付けていません

2023年1月のお便り

    明けましておめでとうございます。本年も神様の豊かな祝福をお祈りいたします。イギリス人のデーブ・クリスブさんは、イングランド南西部の野原で、金属探知機を使って、古代ローマ時代の硬貨5万2千枚の銀貨や銅貨を発見したそうです。これらの貨幣は紀元3世紀に製造されたもので、その重さは150㎏以上で、これらの時価はおよそ4億円になったそうです。人生において、宝を発見出来たらどんなにラッキーでしょうか。聖書は、素晴らしい神様の言葉の宝庫です。私達は、今年も、素晴らしい神様との出会いと、御言葉の宝探しの一年でありたいと思います。

「このキリスト様のうちには、まだ手がつけられていない、すばらしい知恵と知識の宝が、そっくり隠されているのです。」(コロサイ人への手紙2章3節)  【リビングバイブル】

 今年も、神様の素晴らしい恵みの良いお年となられますように、心から祝福をお祈り申し上げております、私達の教会は、神様の御恵みに支えられ、地元、粉浜に根差して4月で創立100周年を迎えます。 当教会では、コロナ感染対策を万全にして皆様の御来会をお待ち致しております。皆様におかれましては、教会でお会いできる日を楽しみにしております。

<集会案内>   

『日曜日』 ☆【教会学校】 朝 9 時15分~10時00分 

      ☆【一般礼拝】 朝 10時30分~11時30分

    ☆【ろう者ミニ交流会】(第4)礼拝後 11時45分~12時30分

           ☆ ろう者の皆様には、手話の通訳が行われています。

『水曜日』☆【祈祷会】(第1・第3水曜日)午後7時30分~8時30分

   あなたも聖書の言葉を、是非、お聞きください。

<1月 の 一 般 礼 拝 会 の 御 案 内 >

◇1月 1日(日)元旦礼拝会  説教題:「神様の祝福に覆われる一年」

          (午前11時~12時)(民数記6章22節~27節) 

◇1月 8日 (日) 新年礼拝  説教題:「聖霊によるミッションの進展」

              (使徒行伝1章1節~11節)

◇1月15日(日)礼拝会   説教題:「恐れるな。たじろぐな。」

                (イザヤ書41章1節~13節)

◇1月22日(日)礼拝会    説教題:「虫に等しいヤコブ。恐れるな」

             (イザヤ書41章14節~20節)

◇1月29日 (日)礼拝会 説教題:「主なる真の神様」

             (イザヤ書41章21節~29節) 

 ※ 集会や、礼拝説教の内容は、変更することがありますのでご了解ください

 

1998.4.27 イスラエルで発行された切手です。月刊アッセンブリー12月号にユダヤ人の為にビザを発行した杉原千畝氏の記事が載っていました。1998.4月に発行された「外交官、諸国民の中の正義の人」の中に、この杉原氏が登場しています。右から2番目の人物で、切手にはSempo Sugiharaと記されています。当時の日本のビザも描かれています。杉原千畝氏は日本人として初めてイスラエルの切手に登場した人物ではないでしょうか?

 

カテゴリー: お便り | 2023年1月のお便り はコメントを受け付けていません

2022年12月のお便り

 今年もクリスマスの季節が訪れました。救い主イエス・キリスト様のご降誕を、心からお祝いし感謝いたします。クリスマスは希望の季節であります。子ども達は最新のおもちゃが欲しいと言います。私達はプレゼントを交換して、楽しいクリスマスを祝えるように願います。 しかし、クリスマスの希望、クリスマスの宝は、何といいましてもイエス・キリスト様です。

 「神は、わたしたちをやみの力から救い出して、その愛する御子の支配下に移して下さった。わたしたちは、この御子によってあがない、すなわち、罪のゆるしを受けているのである。」  (コロサイ人への手紙1章13節~14節)

当教会では、コロナ感染対策を万全にして、皆様の御来会をお待ち致しております。今年は、あなたもご一緒に教会でクリスマスをお祝いしませんか。お初めての方も歓迎いたします。

<集会案内>   

『日曜日』 ☆【教会学校】 朝 9 時15分~10時00分 

      ☆【一般礼拝】 朝 10時30分~11時30分

    ☆【ろう者ミニ交流会】(第4)礼拝後 11時45分~12時30分

           ☆ ろう者の皆様には、手話の通訳が行われています。

『水曜日』☆【祈祷会】(第1・第3水曜日)午後7時30分~8時30分

   あなたも聖書の言葉を、是非、お聞きください。

<12月 の 一 般 礼 拝 会 の 御 案 内 >

◇ 12月 4日(日)礼拝会 説教題:「ガリラヤに栄光を」

    (アドベント第二週)     (イザヤ書9章1節~7節)

◇ 12月11日 (日) こどもクリスマス会 午前9時~10時

    一般礼拝会 説教題: 「ガリラヤからの福音」              

           (アドベント第三週)(マルコ福音書1章14節~15節)

◇ 12月 18日(日)礼拝会 説教題:「ついに時が満ちて」

         (アドベント第四週)(エペソ人への手紙1章8節~14節)

◇ 12月 25日(日)礼拝会 説教題:「愛し愛されて待つクリスマス」

       (クリスマス) (Ⅰコリント人への手紙13章4節~13節)

※ 集会や、礼拝説教の内容は、変更することがありますのでご了解ください。

                                 

アイルランドで2000.11.14に発行されたクリスマス切手です。

イスラエルで2005.12.12に発行されたクリスマス切手です。タイトルは“Season’s Greetings from the Holy Land” ナザレにある受胎告知教会を背景に入れています。イスラエルでは1992年からクリスマスの季節に“Season’s Greetings from the Holy Land”を発行しています。

カテゴリー: お便り | 2022年12月のお便り はコメントを受け付けていません

2022年11月のお便り

 1914年、第一次世界大戦が勃発した時、イギリスの外務大臣エドワード・グレイ子爵は、「ヨーロッパ全土で灯りが消えて行く」と言ったそうです。当時、「すべての戦争を終わらせるための戦争」の終結までに、民間人を含めた2千万人が戦死し、2千百万人の人々が負傷しました。ソ連とウクライナ戦争が始まったいま、平和をつくるために神様の知恵が必要です。

「しかし天からの知恵は、第一に純粋であり、おだやかなやさしさに満ちています。そして、平和を愛し、だれにも礼儀正しくふるまいます。 独善的でなく、人のことばに喜んで耳を傾けます。 また、思いやりと善意にあふれた態度をとります。 それには真心がこもっており、単純率直で、誠実さにあふれています。ほんとうに平和を願う人は、平和の種をまいて、善行の実を刈り取るのです。」(ヤコブの手紙3章17節~18節) 【リビングバイブル訳】

 衝突を避ける努力、和解をする知恵は、全人類の目標であります。早期、戦争の終結を祈りましょう。

<集会案内>   

『日曜日』 ☆【教会学校】 朝 9 時15分~10時00分 

      ☆【一般礼拝】 朝 10時30分~11時30分

           ☆ ろう者の皆様には、手話の通訳が行われています。

『水曜日』☆【祈祷会】(第1・第3水曜日)午後7時30分~8時30分

   あなたも聖書の言葉を、是非、お聞きください。

 <11月 の 一 般 礼 拝 会 の 御 案 内 >

◇11 月 6日(日)礼拝会 説教題:「有難い神様の御言葉」

            (イザヤ書39章1節~8節)

◇11 月13日 (日) 礼拝会  説教題:「慰めのメッセージ」   

           (イザヤ書40章1節~8節)

◇11 月20日(日)礼拝会 説教題:「見よ。あなた方の神様を」

           (イザヤ書40章9節~26節)

◇11 月27日(日)礼拝会 (アドベント第1週)説教題:「メシヤの降誕を待ち望む」

        (ペテロの手紙第一1章8節~9節)

 ※ 集会や、礼拝説教の内容は、変更することがありますのでご了解ください。

 

  世界中の国は平和を願い、国連は1986年国際平和年と定めました。これを記念して1986.4.14にバチカン市国で発行された切手です。マタイ5:9とルカ2:14の聖書の御言葉が書かれています。

マタイ5:9 平和をつくり出す人たちは、さいわいである、彼らは神の子と呼ばれるであろう。 ルカ2:14 「いと高きところでは、神に栄光があるように、地の上では、み心にかなう人々に平和があるように」。

カテゴリー: お便り | 2022年11月のお便り はコメントを受け付けていません

2022年10月のお便り

 イギリスのロンドン・ウェストミンスターに所在する、イングランド国教会の大時計は、「ビッグ・ベン」の愛称で知られています。時の流れを告げるその荘厳な鐘の音は、多くに人々に、在りし日のエリザベス女王の威光を偲ばせ、その時計室に刻まれている次の詩は、片時たりとも常に私達に神様の導きが、必要であることを思い出させてくれます。

   「 ひもすがら、主よ、我を導き給え。主の御力あれば 滑る足は無い 」

  「 たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、わざわいを恐れません。あなたがわたしと共におられるからです。」 (詩篇23篇4節)    

<集会案内>   

『日曜日』 ☆【教会学校】 朝 9 時15分~10時00分 

      ☆【一般礼拝】 朝 10時30分~11時30分

           ☆ ろう者の皆様には、手話の通訳が行われています。

『水曜日』☆【祈祷会】(第1・第3水曜日)午後7時30分~8時30分

   あなたも聖書の言葉を、是非、お聞きください。

 <10月 の 一 般 礼 拝 会 の 御 案 内 >

◇10 月 2日(日)礼拝会 説教題:「試練と向き合う時」

    (イザヤ書37章1節~13節)

◇10月 9日 (日) 礼拝会  説教題:「試練の時の祈り」   

        (イザヤ書37章14節~29節)

◇10 月16日(日)礼拝会 説教題:「祈りの勝利」

        (イザヤ書37章30節~38節)

◇10 月23日(日)礼拝会 説教題:「祈りは壁を突き破る」

    (イザヤ書38章1節~8節)

◇10 月30日(日) 礼拝会 説教題:「生と死の分岐点」

    (イザヤ書38章9節~22節)

※集会や、礼拝説教の内容は、変更することがありますのでご了解ください。 

 

国連は1986年国際平和年と定めました。これを記念して1986.4.14にバチカン市国で発行された切手です。イザヤ書2:4とイザヤ書52:7の御言葉が書かれています。

2:4 彼はもろもろの国のあいだにさばきを行い、多くの民のために仲裁に立たれる。こうして彼らはそのつるぎを打ちかえて、すきとし、そのやりを打ちかえて、かまとし、国は国にむかって、つるぎをあげず、彼らはもはや戦いのことを学ばない。 52:7 よきおとずれを伝え、平和を告げ、よきおとずれを伝え、救を告げ、シオンにむかって「あなたの神は王となられた」と/言う者の足は山の上にあって、なんと麗しいことだろう。

カテゴリー: お便り | 2022年10月のお便り はコメントを受け付けていません