2019年7月のお便り

今年も7月になり、暑さ厳しい季節がやって来ましたが、皆様にはお変わりなき事と存じます。過日、お天気にも恵まれ、河内長野市の山村をドライブ致しました。視界に広がる涼しげな稲田や、新緑の青葉若葉に心が和み、改めて、神様が造られた自然界の美しさに元気を頂きました。

    今月も、あなた様の上に神様が共にあって下さり、神様の祝福と、お恵みをお祈り申し上げております。

「 神様はかた時も休むことなくあなたを導き、ありとあらゆるすばらしいもので満足させ、いつも元気はつらつにしてくださいます。 あなたは、よくうるおった庭園のようになり、こんこんと水がわく泉のようになります。」                                  (イザヤ58章11節) 【リビングバイブル】

◎日曜礼拝は(教会学校)午前9時~10時 (幼児・小学生・中学生・高校生)対象

       (一般礼拝)午前10時30分~12時(新来会者歓迎)

◎讃美歌は、心に平安と感謝を、聖書のメッセージは、生きる勇気を与えてくれます。教会では、皆様のお越しを、心からお待ち申し上げております。是非、あなたも礼拝にお越し下さい。※ろう者の皆様には、手話通訳があります。

 <7月の礼拝会のご案内>

  ◇7月 7日(日) 説教題:「神様の愛の内に留まる」

    (ヨハネの第一の手紙2章18節~29節)

  ◇7月14日(日) 説教題:「驚くばかりの神様の愛」

    (ヨハネの第一の手紙3章1節~10節)

  ◇7月21日(日)  説教題:「互いに愛し合うこと」

    (ヨハネの第一の手紙3章11節~24節)

  ◇7月28日(日)  説教題:「私たちは神様から出た者」

    (ヨハネの第一の手紙4章1節~6節)

    ※ お断り…説教題や聖書箇所は、変更することがあります

 

 

イスラエルで1954.9.8に発行された切手です。

イスラエルの切手にはtabが付いています。そこに切手の説明が記されています。民数記14:8「もし、主が良しとされるならば、わたしたちをその地に導いて行って、それをわたしたちにくださるでしょう。それは乳と蜜の流れている地です。」(口語訳聖書)

カテゴリー: お便り   パーマリンク